i-papax’s blog

経済的にも身体的にも健全な状態を維持・向上するための『資産形成(金融、健康など)』や、こどもと一緒に採取した『いきもの』について発信します。

2月&9月権利確定 株主優待の紹介 ミニストップ 2022年4月到着

2月&8月に権利確定するミニストップ株式会社(証券コード:9946)の株主優待を紹介いたします。2022年4月に届きました。

株主優待を取得するための条件と優待内容

対 象:2月末、8月末に株主名簿に記載、または記録された1単元(100株)以上の株式を保有する株主

優待内容:保有株式数に応じて国内のミニストップ全店で使用できるソフトクリーム無料券およびコーヒーSサイズ無料券が進呈されます。

 

株主優待到着

株主優待は2022年4月28日に届きました。「株主総会招集の通知」と同じ封筒に同封される形で届きました。別送するとその分、余分な費用がかかるため、コストが抑えられて良いのではないかと思います😄。

ミニストップの株主優待(封筒外観)

封筒の中には、さらに小さな内封筒が入っていました。小封筒の表面に印刷されているとおり、所有株数200株なので、ソフトクリーム無料券とコーヒーSサイズ無料券がこの中に入っています。

ミニストップの株主優待(内封筒)

株主優待券はコーヒーSサイズ無料券とソフトクリーム無料券がそれぞれ別々に綴られています。

ミニストップの株主優待(無料券の綴り)

 

コーヒーSサイズ無料券は3枚入っています。ホットコーヒーまたはアイスコーヒーまたはアメリカンコーヒーのSサイズ1杯と交換できます。

ソフトクリーム無料券は5枚入っています。各ソフトクリーム商品・各カップソフト商品(ハロハロ・パフェ・グルクル・ドリンク除く)1個と交換できます。 

ミニストップの株主優待(無料券)

 

ちなみにコーヒーSサイズ無料券は前回と同じデザインでしたが、ソフトクリーム無料券は一部異なっていました。

ミニストップの株主優待(ソフトクリーム無料券:前回と今回)

カップソフトの写真が異なっています(おわかりになりますでしょうか?)。たいした意味は無いと思いますが…😓。

【ご参考】👇昨年と一昨年の記事はこちらになります。

優待到着4月 株主優待の紹介 9946:ミニストップ 2021年 - i-papax’s blog

ミニストップ 株主優待の紹介 2020年4月 - i-papax’s blog

 

実際に株主優待券を利用してみました。

ミニストップの株主優待

左から、ホットコーヒーSサイズ、得盛ソフト バニラ、得盛ソフト 宮崎マンゴーソフトミックスになります!宮崎マンゴーソフトは2022年3月25日から順次発売されています。ミニストップ初の国産マンゴーを使用したソフトクリームとのことで、希少価値の高い宮崎県産マンゴーピューレを使用しており、マンゴーの風味をしっかりと感じられます。

この時期は、昨年は『北海道らいでんメロンソフト』、一昨年は『佐藤錦さくらんぼソフト』と日本のフルーツを利用した新作ソフトを頂いています。来年はどんなフルーツが利用されるのか、今から楽しみです。

 

株価の推移

ここ3年の株価の推移からは、優待の権利取り(権利確定月2月、8月)のために株価が大きく上昇するタイプではないようにみえます。

同社の株価は業績の低迷もあってか、 2018年から2019年にかけて下落し、その後、ここ2年ぐらいはボックス圏のようにみえます。      (個人の感想です😓)

むすび

ミニストップの株価は2022年5月10日の終値が1,383円でした。2023年2月期の配当は年間20円と予想されています。このため、予想配当利回りは1.45%となります。また、予想PERは3.93倍、実績PBRは1.41倍です。

同社の2022年2月期の連結業績は、営業総収入が1,836億80百万円(前期比101.9%)、営業損失31億37百万円(前期実績営業損失55億32百万円)、経常損失27億68百万円(前期実績経常損失49億91百万円)、親会社株主に帰属する当期純損失38億65百万円(前期実績親会社株主に帰属する当期純損失64億58百万円)でした。同社の業績はこのところ厳しい状態が続いていますが、前年同期比では増収となり、営業損失は縮小しています。

今期(2023年2月期)の連結業績は、韓国ミニストップの売却により営業総収入が減少しますが、営業損失は対前年同期比で縮小すると予想されており、さらに韓国ミニストップの全保有株式の譲渡益が特別利益に計上されます。具体的には、営業総収入は805億円、営業損失は2億円、経常損失は4億円、親会社株主に帰属する当期純利益は102億円が見込まれています。

同社は営業赤字が継続していますが、各種施策により、その損失額は縮小傾向にあると思います。同社の株主優待は年に2回あり、好きな優待の一つでもあるので、応援の気持ちを込めて、業績の改善を期待しつつ、当面ホールドの予定です。

(投資は自己責任でお願いします)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければご覧ください。   

youtu.be