i-papax’s blog

より良い生活の実現に向けて、経済的自由のための資産形成、楽しく充実した生活のための趣味や生涯学習、さらにそれらを支える健康の維持について発信します。

優待到着7月 株主優待の紹介 2897:日清食品 2021年

 日清食品ホールディングス株式会社(証券コード:2897)の株主優待が届きました。その内容を紹介いたします。

f:id:i-papax:20210801174731j:plain



日清食品ホールディングスの株主優待制度

 対象:3月末、9月末に100株以上を保有の株主。
 内容:同社グループ会社の製品詰合せ、もしくは、国連WFPへの寄付。

f:id:i-papax:20210801175008p:plain

 なお、同社の株主優待には長期優遇制度があります。

対象:300株以上1,000株未満、または1,000株以上3,000株未満を3年以上継続して保有し、7回連続して同一株主番号で株主名簿に記載された株主。

内容

f:id:i-papax:20210801175140p:plain

 

 今回、紹介させて頂く株主優待は、所有株式数が100株以上300株未満のため、長期優遇制度の対象ではありません。また、WEBサイトから申し込んだ場合、以下の限定特典があります。

特典1:2種類の「製品詰め合わせ」から選択できる。

特典2:「ひよこちゃん 特性 クリアファイル」がもらえる。

 詳しい内容はこちらの記事に記載しております👇 ご参考になれば幸いです。

i-papax.com

  今回は、定番品を中心とした詰め合わせ  Aコースを選択しました。

 

株主優待到着

 株主優待は2021年6月6日にインターネットから(WEBサイトから)申込みました。そして、2021年7月28日に届きました。

f:id:i-papax:20210801175831p:plain

日清食品ホールディングスの株主優待(箱の外観)

 「SUMMER GIFT」の文字やキャラクター(ひよこちゃん、でしょうか?)が印刷されており、一目でそれと分かる段ボール箱で送られてきました。

 

 箱を開けると、エアキャップ梱包材の下に、『「株主優待品」送付のご案内』と『クリアファイル』が入っていました。

f:id:i-papax:20210801180821j:plain

日清食品ホールディングスの株主優待(箱の中)

 

さらにその下に、同社グループ商品がギッシリ入っていました。

f:id:i-papax:20210801181316j:plain

日清食品ホールディングスの株主優待(箱の中)
 

優待品の具体的な中身はこちらになります。

f:id:i-papax:20210801180354p:plain

日清食品ホールディングスの株主優待
  1. 日清食品カップヌードル
  2. 日清食品カップヌードル 旨辛豚骨
  3. 日清食品カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質
  4. 日清食品日清のどん兵衛 きつねうどん(西)
  5. 日清食品お椀で食べるチキンラーメン 3食パック
  6. 日清食品日清ラ王 濃厚味噌
  7. 日清食品日清カレーメシ ビーフ
  8. 明星食品明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛
  9. 明星食品明星 中華三昧タテ型 赤坂榮林 酸辣湯麺
  10. 日清シスコごろっとグラノーラ 彩り果実 400g
  11. 日清シスコココナッツサブレ
  12. ぼんち120g ぼんち揚 チャック付
  13. 湖池屋KOIKEYA PRIDE POTATO 芋まるごと 食塩不使用

+ひよこちゃんオリジナルグッズ(ひよこちゃんフードコンテナ)

 

 早速、カップヌードル 旨辛豚骨を食べました。同社のホームページに記載があるのですが、白すりごまをたっぷり入れると、担々麺風になるようです。通常通りに作った後に、白すりごまを入れるだけなのでとても簡単だと思います。

株価の推移 (ここ3年間)

f:id:i-papax:20210801185423p:plain

 

 優待の権利取り(基準日3月末、9月末)のために株価が大きく上昇するタイプではないようにみえます。
 同社の株価は、巣ごもり需要の取り込みによる好業績もあってか、2020年8月25日に上場来高値を付けています。その後、調整が続き、コロナ禍前の水準に戻ってきたように思います(個人の感想です)。
 

むすび 

 日清食品ホールディングスの株価は2021年7月30日の終値が7,800円でした。2022年3月期の配当は130円です。このため、予想配当利回りは1.67%になります。また、予想PERは25.23倍、実績PBRは2.12倍です。

 同社の2021年3月期はコロナ禍における巣ごもり需要の増加の恩恵もあり、増収増益となりました。具体的には、売上収益が前期比7.9%増の5,061億7百万円、営業利益が前期比34.6%増の555億32百万円、税引前利益が前期比31.8%増の562億33百万円、親会社の所有者に帰属する当期利益が前期比39.3%増の408億28百万円となりました。

 今期(2022年3月期)の業績については、売上収益は増加、営業利益は減少を見込んでいます。具体的には、売上収益5,400億円(当期比6.7%増)、営業利益425億円~445億円(当期比23.5%~19.9%減)、親会社の所有者に帰属する当期利益310億円~330億円(当期比24.1%~19.2%減)と予想しているとのことです。なお、今期の配当予想には「カップヌードル発売50周年記念配当」10円00銭が含まれており、その分、増配の予想となっています。

 100株を保有の場合、配当と株主優待を合わせた総合利回りは、2%程度と高くはありません。しかし、同社の株主優待は、馴染みの深い商品が多く、個人的に好きな優待の一つです。このため、しばらくは保有を続けるつもりです。 
              

(投資は自己責任でお願いします)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければご覧ください。  

youtu.be