i-papax’s blog

経済的にも身体的にも健全な状態を維持・向上するための『資産形成(金融、健康など)』や、こどもと一緒に採取した『いきもの』について発信します。

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年4月第4週)

2022年4月第4週に地元の生産者さんから購入させていただいた、農薬や化学肥料を使わないで育てられた野菜を紹介いたします。

今週(2022年4月第4週)の野菜

2022年4月第4週に購入した野菜を紹介いたします。

生産者さんが週に一度、自宅まで届けてくれます。今週は2品が初登場となりました。

 

左:レタス
右:ロメインレタス

レタスは3週連続、ロメインレタスは初登場となります。

ロメインレタスは、エーゲ海のコス島が原産とされ、今回一緒に届いた一般のレタスのように葉が結球することが無いリーフレタスの一種です。

『ロメイン』はローマという意味で、コス島が原産とされていることから「コスレタス」とも呼ばれているようです。ロメインレタスの旬は春から初夏と、秋から初冬なので、今が旬の野菜といえます。

ロメインレタスは、一般のレタスと比較してβーカロテン、ビタミンK、葉酸、カルシウム、ポリフェノールなどがより多く含まれているようです。サラダの材料としてよく使われる野菜とのことですが、加熱してもやわらかくなり過ぎないため、炒め物やスープにも適しているようです。

 

 

左:キャベツ
右:小松菜

キャベツと小松菜は共に4回目となります。虫食いのあとが見えますが、ある程度は自然のことなので、気にしないで食べようと思います。(もし、虫が紛れ込んでいたら、もちろん虫は取り除きますが…)

 

 

左:白菜の菜花
右:ほうれん草

白菜の菜花は3週連続で届きました。今が旬なのでおいしく頂きたいと思います。

ほうれん草は8回目となります。本来の旬は11~1月頃のようなので、そろそろ終わるのではないかと思っています。

 

 

左:長ネギ
右:葉たまねぎ

今週も長ネギが届きました。毎回欠かさず届いています。いつまで続くかわかりませんが、長ネギの旬は、晩秋から春先とのことなのですが、「春ネギ」「夏ネギ」といったものもあるようなので、1年中届くのかもしれません。

 

 

左:アスパラガス
右:ベビーリーフ

アスパラガスは2週連続です。旬の時期が始まっているので、当面続くことを期待しています。

 

左:青首大根
右:タケノコ

青首大根は4週連続となります。「春大根」とのことでしたので5月ぐらいまで続くと予想しています。春大根は冬大根と比較して水分量が多く、瑞々しいことが特徴とのことです。

タケノコは初登場です。今が正に旬だと思います。あく抜きのための米ぬかも一緒に届きました。ありがたいです。

 

再生野菜の状況

購入した野菜の一部を利用して再生野菜の栽培に挑戦しています。もちろん無農薬で化学肥料もつかわずに栽培を進めています。

菊芋の栽培状況

菊芋は2022年3月第3週(農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年3月第3週購入) - i-papax’s blog)に購入したうちの2個を食べずに種芋とし、栽培に挑戦中です。繁殖力がとても強いとのことですので、隔離して栽培するため、袋に入ったままの培養土にそのまま植えています。

菊芋の芽

先週(農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年4月第3週) - i-papax’s blog)は一方だけ芽が出ていた状態でしたが、今週はもう一方も芽が出てきました。

写真左側が先週から出ていた芽で、右側が新たに出てきた芽になります。左側は別の芽も出てきています。

菊芋の芽の周りには、おそらくミニトマトと思われる双葉が複数出ています。これらの双葉は、昨年、落ちたミニトマトをそのままこの培養土の袋に入れていたためだと思います。こちらの双葉は別の場所に植え替える予定です。

ブロッコリーの栽培状況

2022年3月第4週(農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年3月第4週購入) - i-papax’s blog)に購入したブロッコリーは花のつぼみ部分を食べて、茎と葉の一部を残して再生野菜にチャレンジしています。しばらく水に浸けておいたところ、やっと根がでてきました。

ブロッコリー

こちらは、もう少し根がながくなったところで培養土に植え替える予定です。

 

むすび

今週は、タケノコが届きました。タケノコは野菜なのか?と少し疑問に感じたのでネット検索したところ、タケノコはイネ科の野菜に分類され、茎の部分を食用とする茎菜類とのことです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【ご参考】これまでに届いた野菜はこちらになります👇

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年2月第4週購入) - i-papax’s blog

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年3月第1週購入) - i-papax’s blog

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年3月第2週購入) - i-papax’s blog

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年3月第3週購入) - i-papax’s blog

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年3月第4週購入) - i-papax’s blog

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年4月第1週購入) - i-papax’s blog

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年4月第2週購入) - i-papax’s blog

農薬や化学肥料をつかわない野菜(2022年4月第3週) - i-papax’s blog

 

過去に通販で遠隔地から有機野菜を取り寄せたこともあります。

近くに、農薬や化学肥料を使わない生産者さん(農家さん)がいない場合は、有効な手段だと思います。

以下はいずれも購入実績があります。昨年の春先に購入しましたが、野菜に傷みはなく、いずれもおいしく頂きました。