i-papax’s blog

経済的にも身体的にも健全な状態を維持・向上するための『資産形成(金融、健康など)』や、こどもと一緒に採取した『いきもの』について発信します。

6月&12月権利確定 株主優待の紹介 アース製薬 2022年3月到着

6月&12月に権利確定するアース製薬株式会社(証券コード:4985)の株主優待を紹介致します。2022年3月に到着しました。 

f:id:i-papax:20220326220014j:plain

 

株主優待を取得するための条件

対 象:6月30日及び12月31日に同社株主名簿に記録された100株以上を保有する株主

贈呈時期:基準日6月30日→9月予定
     基準日12月31日→翌年3月予定

優待内容:グループ製品詰め合わせ

f:id:i-papax:20220326230526p:plain

株主優待到着

株主優待は2022年3月24日に届きました。保有株数100株の株主優待になります。

アース製薬のロゴマークが記載された段ボール箱で届きました。

f:id:i-papax:20220326220805p:plain

アース製薬の株主優待(箱の外観)

箱を開けると、段ボールの仕切りを介して同社の製品が整然と並んでいます。側面の隙間(写真、向かって右側)に、同社のトップメッセージや財務ハイライトなどが記載された『あ~す通信』と、『株主優待品送付のご案内』がすっぽりと収まっていました。

f:id:i-papax:20220326221910j:plain

アース製薬の株主優待(箱の中身)

株主優待品は、全部で4製品入っていました。

f:id:i-papax:20220326222026p:plain

アース製薬の株主優待(同社グループ製品)

具体的には、以下の4製品になります。

  • 快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ7枚入り(白元アース)
  • きき湯ファインヒート アクティブスイッチ(バスクリン)
  • 虫よけマモリーネ(アース製薬)
  • トイレのスッキーリ! エアリーホワイトフローラルの香り(アース製薬)

 

ちなみに昨年は、以下の4製品でした。今回と同じような感じですね。

f:id:i-papax:20220326222504p:plain

アース製薬の株主優待(2021年3月到着分)

マスクは同じ種類の物が届きました。あとの3製品は、入浴剤、虫ケア用品、消臭芳香剤といった分野の製品になっています。ちゃんと調べてはおりませんが、毎年、このような製品分野の組合わせなのかもしれません。

 

株価の推移

ここ3年の株価の推移からは、優待の権利取り(基準日6月末、12月末)のために株価が大きく上昇するタイプではないようにみえます。

同社の2021年12月期は営業微減益となるものの、純利益は過去最高を大幅に更新しました。しかし、株価はこのところ下落を続けています。原材料価格高騰の影響などが懸念されているからでしょうか。

 

f:id:i-papax:20220326223458p:plain

むすび

アース製薬の株価は2022年3月25日の終値が5,520円でした。2022年12月期の配当は年間118円と予想されています。このため、予想配当利回りは2.14%となります。また、予想PERは16.71、実績PBRは2.03です。

同社グループの2021年12月期は、家庭用品事業において、コロナ禍に伴う生活様式の変容を背景とする顧客需要の継続、新製品の投入、さらには契約数増加による総合環境衛生事業の伸長により、売上高が2,037億85百万円と前期比3.9%の増収となりました。一方、利益については、虫ケア用品の返品の増加、マーケティング費用や人財への積極的な投資、物流コストの高騰などにより、営業利益が106億67百万円(前期比6.6%減)、経常利益が113億62百万円(前期比2.6%減)と微減益となりました。なお、親会社株主に帰属する当期純利益については、前期に特別損失へ計上したEarth Corporation Vietnamの買収に伴うのれんの減損損失等の反動があり、71億42百万円(前期比101.4%増)と過去最高を大幅に更新し、ROEも12%超に上昇しています。

2022年12月期については、原材料価格高騰の影響を受けるなどの厳しい環境の中、2021年と同水準の営業利益(100億円超)を確保しつつ、過去最高の純利益を目標とする、とのことです。具体的には、2022年12月期の通期連結業績を売上高1,550億円、営業利益107億50百万円、経常利益111億50百万円、親会社株主に帰属する当期純利益72億80百万円と予想しています。

 

同社の株主優待利回りは1%未満であり、高いわけではありませんが、優待製品は実用的なものが多いと感じています。また、「ACT For SMILE-COMPASS 2023-」と称する中期経営計画の推進による、今後の収益性向上が期待されます。さらに、長期保有(3年以上の継続保有)により株主優待が拡充される(基準日6月30日の株主優待のみ)ため、しばらくは保有を続けたいと思います。

 

(投資は自己責任でお願いします)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 ASMR風の開封(開梱)シーンもあります。もし、宜しければご覧ください。

youtu.be