i-papax’s blog

より良い生活の実現に向けて、経済的自由のための資産形成、楽しく充実した生活のための趣味や生涯学習、さらにそれらを支える健康の維持について発信します。

優待到着4月 株主優待の紹介 2502:アサヒグループホールディングス 2021年

 アサヒグループホールディングス(2502)の株主優待を紹介いたします! 同社は2020年12月期の業績が低迷しましたが、今期は急回復が予想されており、14期連続で増配の見込みです。

f:id:i-papax:20210415211808j:plain

 

対  象:2020年12月31日現在の株主名簿に記録された同社株式を100株以上保有する株主

優待内容:(下表参照ください)。

f:id:i-papax:20210415212052p:plain

 申し込みは「WEB」と「株主優待申込書(郵送)」の2通りがあります。

☆WEBでの申し込み:

専用サイトにアクセスし、IDとパスワード(株主優待申込書に記載)を入力し、ログインし、サイトの案内に従って申し込み。

☆郵送での申し込み:

株主優待申込書にて、「年齢選択」と「希望する株主優待の選択」をして投函。

申込み期限:

2021年3月31日、内容に不備がなければ4月中旬から5月下旬、不備がある場合は5月下旬頃に届くとのことです。

 

今回は3/4に『株主様限定プレミアムビール』をWEBから申し込みました。

 

株主優待到着

 株主優待は2021年4月10日に届きました。100株以上500株未満の株主優待になります。同社のロゴが印刷された白い厚紙でカバーされた段ボール箱で届きました。

f:id:i-papax:20210415212537p:plain

アサヒグループホールディングス(株)の株主優待(外観)


 段ボール箱は上面に会社のロゴや「2021株主様限定プレミアムビール」などがプリントされています。 

f:id:i-papax:20210415212817p:plain

アサヒグループホールディングス(株)の株主優待(段ボール箱)

 

 ちなみに、昨年の箱はこちらになります。年号以外は同じデザインにみえます。

 

f:id:i-papax:20210415212922p:plain

アサヒグループホールディングス(株)の株主優待(2020年の箱)

 

 箱を開けると、2021年株主様限定プレミアムビール(350ml)が4本入っていました。

 

f:id:i-papax:20210415213238p:plain

アサヒグループホールディングス(株)の株主優待ー株主様限定プレミアムビール

 

 株主様限定プレミアムビールとは

 株主限定プレミアムビールとは、「株主の皆様のために特別に醸造した数量限定のプレミアムビール」とのことです。

 今回の「株主様限定プレミアムビール」は、ベルギー発祥の伝統的な製法でアサヒビールが造った、飲んだ瞬間からフルーティな香りが特長のベルジャンホワイトエール、とのことです。

 

 ちなみに、前回の「株主様限定プレミアムビール」の缶のデザインは以下の写真のとおりです。

f:id:i-papax:20210415214028j:plain

アサヒグループホールディングス(株)の株主優待-2020年株主様限定プレミアムビール

 麦本来の濃厚な味わいが特徴で、同社最新醸造技術“旨み残し発酵”により、麦芽由来の濃厚な旨みを最大限に引き出すことに成功した、とのことです。(前回の株主優待は以下の記事をご参照頂けると幸いです。)

i-papax.com

株価の推移 (ここ3年間)

f:id:i-papax:20210415215233p:plain

 ここ3年の株価の推移からは、権利取り(権利確定月12月)のために株価が大きく上昇するタイプではないようにみえます。
 コロナ禍の影響もあってか、2020年12月期は減収減益でした。そのためか、株価は低調でした。今期は、増収増益が予想されており、株価はここ数ヶ月、上昇傾向のようです。

 

むすび 

 アサヒグループホールディングスの株価は2021年4月15日の終値が4,766円でした。2021年12月期の配当は年間109円と予想されています。このため、予想配当利回りは2.29%となります。また、予想PERは15.89倍、実績PBRは1.59倍です。
 同社の2020年12月期の業績は、新型コロナウィルスの影響もあり、減収減益でした。今期については、13.2%の増収、29.6%の増益を予想しており(アサヒスーパーレポート2021年春号より)、急回復が見込まれています。

 優待品の株主様限定プレミアムビールは、毎年の楽しみになりました。配当は配当性向35%を目指した安定的増配を実施するとの方針のもと、2020年12月期は減収減益にもかかわらず、配当性向を53.9%に引き上げ、増配としています。将来的には配当性向40%を目指す方針とのことで、今期も増配の予想となっています。

 株主優待や配当といったインカムゲインを得つつ、業績回復への期待と応援を込めて、長期保有したいと思います。

(投資は自己責任でお願いします)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければご覧ください。   

youtu.be