i-papax’s blog

より良い生活の実現に向けて、経済的自由のための資産形成、楽しく充実した生活のための趣味や生涯学習、さらにそれらを支える健康の維持について発信します。

優待到着4月 株主優待の紹介 2590:ダイドーグループホールディングス 2021年

 ダイドーグループホールディングス(2590)の株主優待を紹介いたします!同社の2021年1月期の業績は、前半にコロナ禍の影響を受けましたが、後半は国内飲料事業における「鬼滅の刃」とのコラボ商品の効果などもあり、減収ながらも増益となりました。株主優待は、今回から年に1回となり、豪華三段重ねとなっています。

f:id:i-papax:20210421215735j:plain

 

対  象:1単元(100株)以上、かつ、半年以上保有の株主。

内  容:(下表参照ください)。

f:id:i-papax:20210421220634p:plain

 基準日が月末ではないことに注意が必要です。半年以上の保有が条件なので、7月の割当基準日を認識しておく必要があります。

 

 このほかに、1単元(100株)以上を5年以上保有する株主には、5年を越えた年に1回限り、記念品が頂けます(割当基準日は7月20日)。

 

長期保有の記念品に関する記事はこちらになります👇 ご参考になれば幸いです。

i-papax.com

 

 さらに、同社グループの飲料やたらみのゼリーを優待価格で購入することもできます。

 

株主優待到着

 株主優待は2021年4月14日に届きました。配達日指定(4月14日)で発送されているようです。

f:id:i-papax:20210421221730p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待(箱の外観)

 風呂敷のようにデザインされた柄と、同社のロゴ及び桜の花びらが印刷された段ボール箱で届きました。かなりの重量なので、梱包紐(PPバンド)で箱の形が少し崩れていますが、中身への影響はありませんでした。

 

f:id:i-papax:20210421222713j:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待(箱の中身)

 蓋を外して上下左右の段ボールを展開すると、3段重ねになった商品が姿を現します。豪華です。これまで3,000円相当の商品が年2回送られていましたが、今回から、年一回となり、一挙に6,000円相当の商品が届きました。

 

 昨年4月の株主優待(3,000円相当の商品)に関する記事はこちらになります👇 ご参考になれば幸いです。 

i-papax.com


株主優待で届いた商品 

 まず、一段目ですが、1段目には、たらみのフルーツゼリーが12個入っていました。

f:id:i-papax:20210421223156p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待

 内訳は…

  • とろける味わい本格みかんジュレ
  • とろける味わい本格ミックスジュレ
  • とろける味わい白桃ジュレ
  • PUREぶどう
  • PURE黄金パイン
  • PUREびわ

 以上の商品は1個づつ入っていました。以下の商品は2個つづ入っていました。

  • PUREみかんゼリー
  • PUREミックスゼリー
  • PUREももゼリー

 

 2段目には、パウチゼリーや炭酸飲料などが11個(本)入っていました。

f:id:i-papax:20210421223510p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待

 内訳は以下の通りです。

  • 濃いマスカット0kcal蒟蒻ゼリー
  • 濃い白桃0kcal蒟蒻ゼリー
  • 濃い北海道メロン0kcal蒟蒻ゼリー
  • 梅よろし
  • おいしいトマト
  • クリーミーカフェゼリー
  • ゼリー×スパークリング グレープ
  • ヨービック
  • 復刻堂メロンソーダ
  • 復刻堂いちご オ・レ
  • おいしい麦茶

 

 3段目には、コーヒー飲料やミネラルウォーター類が12本入っていました。

f:id:i-papax:20210421223638p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待

 内訳は以下の通りです。

  • 世界一のバリスタ監修 BLACK
  • 世界一のバリスタ監修 微糖
  • ザ・ブラック
  • 絶品 カフェオレ
  • 絶品 微糖
  • ダイドーブレンド オリジナル
  • 世界一のバリスタ監修クラフトブラック
  • 世界一のバリスタ監修クラフトラテ
  • 大人のカロリミットはとむぎブレンド茶
  • ミウ スパークリングレモン
  • ミウ レモン&オレンジ
  • ミウ おいしい水

 

 なお、段ボール箱の底には下の写真にあるコメントが印刷されていました。なんか良い感じがしました。

f:id:i-papax:20210421224149p:plain

ダイドーグループホールディングスの株主優待の段ボール箱の底

 

 

株価の推移 (ここ3年間)

f:id:i-papax:20210421224244p:plain

 

  半年以上の継続保有が必要なこともあり、優待の権利取り(権利確定月1月)のために株価が大きく上昇するタイプではないようにみえます。 

 2018年3月5日に上場来高値をつけて以降、コロナ禍の影響もあってか、2020年3月頃まで、株価は低調でした。しかし、2020年下期には売上が回復基調となり、株価は少し戻しつつ、ここ数ヶ月はボックス圏のようにみえます。

むすび 

 ダイドーグループホールディングスの株価は2021年4月21日の終値が5,170円でした。2022年1月期の配当は年間60円と予想されています。このため、予想配当利回りは1.16%となります。また、予想PERは31.05倍、実績PBRは0.99倍です。
 同社の2021年1月期の業績は、コロナ禍の影響もあって売上が減少しましたが、各種施策により増益でした。今期については、4%の増収を見込んでいますが、自販機網の強化拡充、スマートオペレーション体制構築の費用、ヘルスケア領域への予算枠の設定等により、減益の見込みです。

 同社の優待はボリューム感があり、たらみのフルーツゼリーもおいしいので満足感は高いと思います(個人の感想)。配当は業績に関わらず、ここ数年60円で一定しています。来期は減益の見込みですが、将来への布石のためと考え、引き続き、長期保有したいと考えています。

(投資は自己責任でお願いします)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければご覧ください。   

 

youtu.be