i-papax’s blog

経済的にも身体的にも健全な状態を維持・向上するための『資産形成(金融、健康など)』や、こどもと一緒に採取した『いきもの』について発信します。

優待到着2月 株主優待の紹介 2809:キユーピー 2022年

2022年2月に到着したキユーピー株式会社(証券コード:2809)の株主優待を紹介致します。

f:id:i-papax:20220302214603j:plain

株主優待を取得するための条件

対 象:1単元(100株)以上を半年以上継続保有の株主
     (3年以上の継続保有により優待内容が拡充します。)

権利確定日:11月30日

贈呈時期:3月上旬ごろ

内 容:自社グループ商品詰め合わせ

f:id:i-papax:20220302215036p:plain

今回紹介させて頂くのは、所有株式数:100~499株、保有期間継続:3年以上、優待内容:1,500円相当の自社グループ商品、になります。

株主優待を取得する条件は、上記の通り、1単元(100株)以上の株式の半年以上の継続保有です。具体的には、5月31日と11月30日の株主名簿に連続2回以上、同一株主番号で記載されていることが必要になります。

また、継続3年以上とは、5月31日と11月30日の株主名簿に連続7回以上、同一株主番号で記載されていることを示します。

 

株主優待到着

株主優待は2022年2月26日に届きました。贈呈時期は「3月上旬ごろ」とのことですが、早く届くとうれしいですね😊

f:id:i-papax:20220302215922p:plain

キユーピーの株主優待(箱の外観)

ちなみに、前回(2021年)から優待内容が拡充しており、箱の形状が正方形に近い形から長方形に変わっています(宛名の剥がしたあとが綺麗でなく申し訳ありません🙇)。

箱の表面の右上方に「Kewpie」のロゴとキャラクターが印刷されています。

キユーピーの過去の株主優待の紹介はこちら👇になります。ご参考になれば幸いです。

i-papax.com

i-papax.com

 

株主優待の内容

箱を開けると、一番上に『株主優待品のご案内』が入っています。その下の、株主様限定のチラシも取り除くと商品が入っています。

f:id:i-papax:20220302221719p:plain

キユーピーの株主優待(箱の中身)

f:id:i-papax:20220302221750p:plain

キユーピーの株主優待(箱の中の商品)

 

ミックスビーンズとミートソースを取り除くと、その下の商品は、それぞれの商品の形状にかたどられた段ボールで固定されています。しっかりした作りになっていて好印象です。

f:id:i-papax:20220302222215p:plain

キユーピーの株主優待(箱の中身)

 株主優待の商品

f:id:i-papax:20220302222848p:plain

キユーピーの株主優待(箱の中の商品)

今回の株主優待は以下の7品です(写真左側から)。

  1. キユーピーマヨネーズ(350g)
  2. サラダクラブ北海道コーンクリーム
  3. キユーピーミートソースフォンドヴォー仕立て
  4. サラダクラブミックスビーンズ
  5. 55 オレンジママレード
  6. 深煎りごまドレッシング
  7. パン工房 カレー

 

『株主優待品のご案内』の記載事項

株主優待の箱の中で一番上に入っていた「株主優待品のご案内」には。優待品の紹介や、一部の商品を利用したレシピが記載されています。同社グループ商品の理解が深まりますし、レシピは実用的で役立つと感じました(自分では作りませんが…😅)。

f:id:i-papax:20220302224554p:plain

『株主優待品のご案内』より抜粋

個人的には、連続して優待品として届いている「深煎りごまドレッシング」は、ゴマの風味がして特に好きな商品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

深煎りごまドレッシング 380ml キューピー
価格:430円(税込、送料別) (2022/3/2時点)

 

f:id:i-papax:20220302225058p:plain

『株主優待品のご案内』より抜粋

塗って焼くだけ、のパン工房カレーは、文字通り「パンに塗る」だけでなく、ご飯に混ぜることでカレーピラフ風にするなど、簡単にカレー味の料理が作れるようです。カレー味が好きな方には重宝しそうな商品だと思います。



株価の推移

ここ3年の株価の推移を確認すると、優待の権利取り(基準日11月末)のために株価が上昇するタイプではないようにみえます。半年以上の継続保有が必要になることが、影響しているのかもしれません。

2022年1月に発表された2022年11月期の見通しは、増収減益の予想でしたが、株価には大きな影響はないようです。

f:id:i-papax:20220302225514p:plain

むすび

キユーピーの株価は2022年3月1日の終値が2,471円でした。2022年11月期の配当は年間47円の予想となっています。このため、予想配当利回りは1.9%となります。また、予想PERは21.89、実績PBRは1.4です。

同社は2021年11月期より、連結子会社であった株式会社キユーソー流通システムの株式を一部譲渡し持分法適用関連会社へ移行しています。これにより、売上高1,404億23百万円、営業利益28億37百万円の減少影響が生じています。

2021年11月期の業績は、この物流事業の持分法適用関連会社への移行の影響によって売上高が減収し、営業減益となっています。一方、特別損失の減少により親会社株主に帰属する当期純利益は増益となりました。

同社は、2021年11月期から4年間を対象とする中期経営計画において、「持続的成長を実現できる体質への転換」をテーマに「利益体質の強化と新たな食生活創造」「社会・地球環境への取り組みを強化」「多様な人材が活躍できる仕組みづくり」の3つの経営方針を定めています。その2年目となる今期(2022年11月期)について、2022年1月時点では、増収減益を予想しています。

同社の株主優待は、3年以上の継続保有で拡充されます。この権利を維持するため当面は気長にホールドする予定です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 動画内にはASMR風の開封場面もあります。もし、宜しければご覧ください。

youtu.be