i-papax’s blog

より良い生活の実現に向けて、経済的自由のための資産形成、楽しく充実した生活のための趣味や生涯学習、さらにそれらを支える健康の維持について発信します。

カブトムシの幼虫  秋:マットの継足し  

 2020年夏、我が家では4代目となるカブトムシの卵が孵化し、成長を始めました。秋になり幼虫の状況を確認した結果やマットの継足しについて記載します(素人ですが、実態をそのままお伝えします)。

f:id:i-papax:20210620113842j:plain

はじめに… 

 3年前の夏、子供と一緒にキャンプに行き、そこで早朝にカブトムシを捕まえました。家に持ち帰り、飼っていたところ、そのカブトムシが卵を産み、12匹が成虫になりました。その後、その子たち(2代目)も卵を産み、3代目となる成虫が23匹羽化しました。 さらに2020年夏、4代目となる卵が孵化し始めました。

f:id:i-papax:20210525224407j:plain

カブトムシの幼虫(4代目)

カブトムシの幼虫の飼育

 前回(3代目の幼虫)は衣装ケース(サイズ:480×370×270mm)を飼育ケースとして、全ての幼虫を一カ所で飼育していました。場所は屋内(玄関の中)でした。

 今回は、幼虫の数が増えそうなので、新たにもう一つ同じような衣装ケースを購入し、2つの飼育ケースで対応することにしました。ただし、玄関には飼育ケースを2つ置くスペースがないため、一つは屋外に置くことにしました。

 屋外は雨はかからず、直射日光も当たらない場所ですが、冬は氷点下まで下がります。屋内(玄関)よりも過酷な環境なので何か差が生じるかもしれませんが、屋内と同様のケア(水分補給やマット交換など)をして成長を見守りたいと思います。

 

屋外の飼育ケースの状況確認(10月18日)

 屋外は、カブトムシの成虫を飼育していた際に利用していた飼育ケージの下部の衣装ケース部分をそのまま幼虫飼育ケースとして利用しました。

f:id:i-papax:20210419001004j:plain

カブトムシの飼育ケージ(手作り)

手作りの飼育ケージの記事はこちらになります👇

ご参考になれば幸いです。

i-papax.com


 まずは朽木を取り除きます。

f:id:i-papax:20210620131816j:plain

屋外の幼虫飼育ケース

 

 マットの中の幼虫を一旦、全部掘り出します。手で優しく掘り進みます。

f:id:i-papax:20210620132256j:plain

f:id:i-papax:20210620132353j:plain

カブトムシの幼虫(屋外飼育ケース)

 取り出した幼虫は、一旦、別の小さなケースに入れておきます。

f:id:i-papax:20210620132530j:plain

カブトムシの幼虫(屋外飼育ケース)

 屋外に置いてあるためなのか、ミミズがどこからか入り込んだようです。マットの中にはミミズもたくさんいて何を飼っているのか、分からなくなりそうな状況です😂。

 それほど大きなミミズはいませんがカブトムシの幼虫への影響は気になるところです。取り除けるものは全て取り除くことにします。

「ミミズがいると蛹室が崩れ、羽化不全になる」との情報があるので、蛹になる時期には特に注意深く観察しようと思います(その前に冬を無事に過ごす必要がありますが…)。

f:id:i-papax:20210620132651j:plain

飼育ケース内のミミズ

 屋外飼育ケースの中では18匹の幼虫が成長していました。やや過密な感じがしますが、このまま状態で飼育を続けることにします。

f:id:i-papax:20210620140108j:plain

カブトムシの幼虫(屋外飼育ケース)

 …と、思い朽木をマットの上に置いていたところ、朽木の中にも幼虫が1匹入り込んでいることに気付きました。屋外飼育ケースの中では、結局、19匹の幼虫が育っていました。

 

 屋内の飼育ケースの状況確認(10月28日)

 屋外の飼育ケースを確認してから10日後に、屋内の飼育ケースの状況を確認しました。糞がたくさんありますね😂。

f:id:i-papax:20210620142533j:plain

屋内の飼育ケースの状況

 屋外の飼育ケースと同様に、一旦、幼虫を全て取り出します。

f:id:i-papax:20210620142638j:plain

f:id:i-papax:20210620142647j:plain

カブトムシの幼虫(屋内の飼育ケースの状況)

 本来は糞を取り除くためにも、マットを交換することが望ましいと思うのですが、これから冬を越すためにマットの厚さを確保するため、今回は、新しいマットを古いマットに継足すことにしました。新しいマットは手で軽く握って手を開いたときに形が残るぐらいに水分を含ませたものを加えました。

 

f:id:i-papax:20210620143532j:plain

マットの継足し

 

 古いマットと新しいマットをよくかき混ぜます。

f:id:i-papax:20210620143621j:plain

マットの継足し

 取り除いていないので糞が少し見えますが、当面は、これでしのいでもらおうと思います。 

f:id:i-papax:20210620143700j:plain

マットの継足し

 屋内の飼育ケースでは11匹の幼虫が育っていました。  

f:id:i-papax:20210620143931j:plain

カブトムシの幼虫(屋内の飼育ケースの状況)

むすび

 屋外19匹、屋内11匹、合計30匹の幼虫が育っていました。屋外はミミズの影響が気になりますが、必要に応じてマットを継足しながら、基本的にはこの状態で冬を越し、来年の春に再び状況を確認したいと思います。

(本来はマット交換が望ましいと思いますので、状況を見ながら臨機応変に対応したいと思います。)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事の動画はこちらになります👇 もし、宜しければ動く姿もご覧ください。 

 

youtu.be

 

3代目から4代目(幼虫)までの動画はこちらになります。 

youtu.be

 

手作りの飼育ケージの動画はこちらになります。 

youtu.be

 

羽化した3代目カブトムシの動画はこちらになります。

youtu.be