i-papax’s blog

より良い生活の実現に向けて、経済的自由のための資産形成、楽しく充実した生活のための趣味や生涯学習、さらにそれらを支える健康の維持について発信します。

大和証券グループ本社(証券コード:8601):株主優待の紹介

 株式会社大和証券グループ本社(証券コード:8601)の株主優待品カタログが届きました。株主優待の申込みをしましたので、その紹介をいたします。

f:id:i-papax:20210613190629j:plain

 

株主優待品カタログ到着

 株主優待品カタログは、2021年6月6日に、ビジネスレポートと同封されるかたちで届きました。

f:id:i-papax:20210613191108j:plain

大和証券グループ本社の株主優待品カタログ

株主優待の内容

 対象:3月末、9月末の株主名簿に記録されている1,000株以上保有の株主。

 内容:(保有株式数に応じて、以下から選択)

f:id:i-papax:20210613213337p:plain

 上記に加えて、保有株式数:1,000株以上の株主には、ホテル・ゴルフ場割引・ご優待もあります。

利用可能施設:大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社が運用する私募REIT「大和証券ホテル・プライベート投資法人」が運用するホテル、大和PIパートナーズ株式会社投資先のホテル・ゴルフ場

利用可能者:個人株主の方は株主本人、配偶者及び二親等以内の親族。法人株主の方は役職員ご本人。

 施設毎に、宿泊料3,000円割引、1,000円割引、500円割引、10%割引など、内容は異なります。 ※最新の正確な情報は同社HPなどにてご確認ください。

 

 さらに、高齢者向け施設・住宅の入居時費用割引もあります。

利用可能施設:グッドタイムリビング株式会社が運営する施設の入居時費用割引
使用可能者:株主及びその配偶者並びにその親族(三親等まで)
優待内容:有料老人ホーム『グッドタイムリビング』 入居時費用から30万円割引
     シニア向けマンション『プラテシア』 入居時費用から50万円割引


株主優待品の申込み

 株主優待品はWebから申込みましたが、届いた株主優待品カタログはA4サイズでとても見やすいです。Webからの申込みで、1件につき20円を、大和証券グループ本社が基金に寄付し、子どもの環境改善や貧困の連鎖を防止する活動に充当するとのことです。

f:id:i-papax:20210613214540j:plain

大和証券グループ本社の株主優待品カタログの表紙

 

 6月15日(火)12:00からは、Webお申込み限定品の選択も可能になります。

f:id:i-papax:20210613214830j:plain

大和証券グループ本社の株主優待:Webお申込み限定品(株主優待品カタログより抜粋)

 保有株式数は1,000株ですので、株主優待品の中から1点選択することになります。結局、6月15日のWebお申込み限定品を待たず、6月12日に株主優待の申込みを済ませました。申込期限は7月31日なので、まだ余裕はありますが、万が一、申込みを忘れると株主優待品を取得できなくなるため、思い立ったときに、即申込んでしまいました。

 最近は、にわか健康志向+食料備蓄を進めているため、「砂糖を使わないジャム」「賞味期限2年(常温)」につられて、『サン・ダルフォー ジャム詰め合わせ』を選択しました。

f:id:i-papax:20210613215956j:plain

大和証券グループ本社の株主優待(株主優待品カタログから抜粋)

 

  

 

むすび 

 大和証券グループ本社の2021年3月期の業績は、純営業収益が前連結会計年度比9.5%増の4,666億60百万円、経常利益が同63.9%増の1,151億75百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同79.6%増の1,083億96百万円と増益でした。期末配当は25円と半期としては過去最高、さらに、通期も36円と過去最高の配当となりました。

 同社は、2021 年度から 2023 年度までの 3 ヵ年計画であるグループ中期経営計画「“Passion for the Best”2023」を策定しています。その2023年度のグループ数値目標(KPI)として、ROE10%、経常利益2,000億円以上等を掲げています。

 同社の株価は2021年6月11日の終値が635.4円でした。前期の1株配当36円の場合、配当利回りは5%を超えています。株主優待も年2回あり、業績が安定していれば長期で保有したい銘柄です。このまま、しばらくホールドを続けようと思います。                         

(投資は自己責任でお願いします)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。